2015年12月06日

いつの間にか

何がきっかけかわからないけどNo Use For A Nameというバンドをぐぐった結果、ギターボーカルの
方が亡くなっているのを知った。
それも2012年に。

前回の水木さんから二度目の訃報を受け取ったわけで。
時差はあったけどね。

ジャンルで言えばメロコアってとこなんでしょうね。
自分はその呼び方好きじゃないんですよね。

元々punkから入った人間なんでこのへんも通りました。
その言葉が出る前からを自慢するわけじゃないけど、メロコアなんて言葉ができる直前で
その時の自分はlookoutレコードってレーベルが大好きでした。
Green Dayが元々いたインディーズレーベルといえば聞こえもいいし、わかりやすいかも。

で、No Use For A Name がいたのはそことは違ってFat A Wreckってレーベルでこっちはちょっと
オシャレで(個人的感想です)自分は最初に耳にした頃、「なんか違う」って感覚でした。

でも後にそういうレーベルの呪縛にとらわれずに色々と聴く様になった時思いましたね。
アホゥかと。
いいものはイイ!
うまいもんはウマイ!と。駿河学のごとく。

No Use For A Name。
LPで集めだしてその後、何年後のことだったか心斎橋クアトロのライブにも行きました。

LPが手に入りにくくなっての新作、The Feel Good Record of the Yearが出たときけば
LPで欲しいので長年お世話になってるアビスレコードに取り寄せてもらったら全く同じ内容のCDが
オマケがついて約1200円という店主も自分も頭に「?」が浮かぶこともありつつ。
アビスの場合、LpにしろCDにしろ大体はこれくらいの値段ですけどね。
タワーレコー●はぼったくりと毒を吐かずにいられない性格です。

亡くなって3年くらい経ちます。
オチもひきもなくただ亡くなっていたことを知って、なんだよコレ・・・って思った自分の心情です。

大好きだったアルバム、Hard Rock Bottomから自分も好きなスカバンドのDance Hall Crashers
からのゲストも参加した曲を貼っておきます。
この曲はカバーでもあり、ゲストありなんでライブ映像でもみたことない曲なんですけど
悲しくもあり、湧き上がってくる何かもアリで大好きな曲です。
ただ亡くなったギターボーカルはバックコーラスだからそんな目だってないな・・・・
曲調はこんなんだからまた自分いけますけど!って思ったらNo Use For A Nameをキーワードに
動画サイトで検索してください。


| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

空気

先日、ニール・ヤングが音楽配信サイトだか何かと決別したみたいな記事を見て久々に聴いてみている。

元々大好きではなかったので大学時代の先輩からもらったか薦められたベストが今部屋の中をくるくるしている。

一番最初に書いた音楽配信サイトとの〜はニールが自身が納得いかないからてな理由からでそれを聞いた自分は音数的にはそれほどニールヤングがどうとかいう印象なかったのでなんでかな?とは思っていた。

なんとなく懐古主義的なことかもしれないんだけど、ニール自身がそれを聴いた時に何か違うと思ったんじゃないだろうか?と少し思う。

自分が所持しているのは初期のベストなんだけど、何となく言いたいこともわからないでもない気もする。

今、音楽配信サイトがやっていることはアーティストの意向より商業的なことを考えて聴き手の利便性に焦点を当ててるとは思うしそれもライトユーザーにという限定している気もする。

それは商売として間違っていないと思うんだけど何か腑に落ちない。
具体的に何?なんて言われても答えようがないんだけどね。

自分がCDよりLPが好きな理由で、色々議論されるような音に関してどうとかはそれほど思わなくてもっと表面上の違いだけでLPを選んでるからね。

それはプラスチックのCDケースを眺めるよりも紙製のLPカバーを変態のように眺めまわしてる自分の姿が好きなだけかも知れないし、CDの鏡面よりも溝が真ん中に向かってついている溝をみてなんだかわからない暖かさや己の人生と重ね合わせているのかも知れないし、CDよりLPを選ぶ理由なんてよく説明できない。
なんとなくでしかない。

まさかニールヤングは「なんとなく」で音楽配信サイトと提携をやめたとは思わないからそこんとこ何か突っ込んだ話を聞いてみたいなぁと思う。
レコードコレクターあたりでインタビューやってくれないかねぇ。

| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。